スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コカトゥー登場


twotop

“家政婦のミタさん”ばりに“りだん”は見ちゃいました。

ふと目が覚めると、何やら話し声が聞こえてくるじゃありませんか!? 
既に夜中の3時過ぎ。。。モニターに向かって話しかけるダント・・・(汗)

OWL(フクロウのこと)やらCACATUA(オウムのこと)なんて単語が
飛び交っているのですが・・・なにゆえ??

toritachi.jpg

えーとー、そろそろ朝なんですけど・・・

確か夜の11時半過ぎだった気がします、海外のブリーダーさんとツギオミカドヤモリの
ビデオカンファレンスするとかなんとか言ってたんですよ(汗) 
妙齢の“男子”が女子高生じゃあるまいし長電話。。。どうかしてるぜぃ。

翌朝、ちょっとツッコミを入れてみますと、
「ツギオだけでそんなに話すことはないっしょ、生き物語りよ。。。」ですって。
 
確かに、お目当てのツギオは既に“SOLD OUT”ですしね。
それでも話題変わって“飛行系”で意気投合した模様。。。

まあ、どんなに睡眠不足でも、ツギオたちの朝の点呼と霧吹きは忘れませんので、
“長話”もよしとしましょうかしら。

実はダント、海の向こうのブリーダーさんや“メンバー” (なんの?)
ともスカイプやらメールやらで、なんだか楽しそうに連絡を取り合っております。
共通の趣味を持つ者同士、ネタは尽きないようでございます。

Montan_2.JPG
4月から新しい仲間も加わります、この真っ白い子、また改めてご紹介します。

そんなダントですが、近々ツギオフードを売り出す準備をしています、
新たな展開に突入♪ (って、おおげさでございましょうか。。。)



ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ランキング参加してます。ポチッとだけおねげします^^;
スポンサーサイト

theme : インコだぁーい好き
genre : ペット

tag : フクロウ オウム ツギオミカドヤモリ

3月の体重測定


Cosu_Mar26_2.JPG

今日は体重測定のお知らせです。 長くなりますが、どうぞお付き合い下さい。
毎月25日と決めてみました。お給料日だからとか、そういうのじゃありませんよ。

メダカならぬ、ツギオの学校の1クラス分って感じでしょうか。。。

体重測定は楽しい反面、じっとしていられない生徒が必ず現れるので、目が離せません。
“りだん”としましては、ちびっ子達がどこかへ逃げ込みやしないか、気が気じゃありません。。。

特に注目株は先日ご紹介しました、“Type Cっぽい子”達です。
わたし達タイプC?」 (3月18日の記事の写真もどうぞご覧下さいませ。)

Cosu_Mar26_1.JPG
これはシーオス。 こんなにデカかったっけ!? ほんのりピンクに染まってます。
トップの写真もシーオス。 最近、薄いグリーンが目立って、苔モス感じがかっこいいっす♪

Cmesu_Mar26
こっちはシーメス。 今、脱皮間近で、白くて粉吹いてるような感じで、そのまんま“おOべ”

体重測定で、最も気をつけねばなりませんのは、なんと言いましても放出間近の
“うOち”の影響を排除することです。2gときには3gの大物を内包したままの測定では
あまり意味がございませんので、“分身”に出て行ってもらいませんとあきません。

25日は溜め込んでいたようなので、26日の朝、それぞれ“かりんとう”様な “ぶつ”を
確認できましたので、いざ撮影&体重測定の運びにあいなりました。

Cmesuosu_Mar26.jpg
左がシーメス、右がシーオス 。(撮影日:Mar 26)

いかがでしょう?
どらも生後4ヶ月程度ですが、1ヶ月前との比較で、猛烈に成長してました!!

あらためて眺めれば、なんだか逞しさすら感じます。
1ヶ月前は、成長遅れ気味と申しましたが、4ヶ月目でこの体重と体格は、平均的な
Type Aをしのぐと言い放っても、過言ではないかと!

作出したブリーダーさんはいっつも控え目に“ゆっくり成長”って強調するんですが、
私どもがよく情報交換している海外のコレクター仲間は、適切な管理さえ出来ていれば、
問題なく育つというコンセンサスが出来つつあるんです。
そのことを検証する目的でも、この“タイプCっぽい子”達に注目しています。

今からまた来月の計測が楽しみです。 またご報告できればと思います。

Hippo_Mar26_1.JPG
それと、こちらは、以前登場させました、パイン島産(ヘンケリ)の“ヒッポ”です。
一皮むけました」 (3月7日の記事の写真もどうぞご覧下さいませ。)

真っ白白っ娘なので、この子も気にかけていますが、どうしてどうして、
50グラムの大台に乗っけてきました。 今月末でハッチ後9ヶ月になります。

Hippo_Mar26_2.JPG

それにしましても、この薄い桃色と透き通るようなライトグリーンの体色。 
ダントはつねづね、不思議な個体だと観察しています。
決して“アルビノ”とは申しませんが、“純情パイン”になったときの体色や発色に乞うご期待。

またお伝えできればと思います。


↑ランキング参加してます。ポチッとだけおねげします^^;

theme : 爬虫類
genre : ペット

tag : 体重 シーメス シーオス タイプC パイン ヒッポ

黒なのにミドリ?

今回ご紹介しますのは、ペアでお迎えしたグランテラの♂の方、“ミドリーニャ”でございます。 
見たまんま、名付けました。 現在、1歳と8ヶ月のサブアダルト。

midori_1.JPG

ツギオミカドヤモリは、湿度や温度の変化に伴って発色の濃淡が変わりますが、
この子はうっすらとピンクを帯びたようなパステルカラーにまでトーンダウンします。 
撮影できたらブログにアップしますね。

グランテラの血統としては、Type APoindimié (ポインディミ)になります。
実を申せば、Poindimie には“ブラック” と “グリーン”の系統があるのですが、
この子は、そのうちの“ブラック”の方なんです!? はて??

midori_4.JPG
最も濃い色味のときで、この写真の感じ。真っ黒クロスケ好きには物足りないかも。

ダントはお迎えしてすぐに、見まごうことなき“緑色”に脳天空竹割をくらってしまいました。 
あこがれ続けた“漆黒の悪魔”のはずが。。。なんだがとってもキュートな感じ。

胴体のサイドに淡い色した水玉模様をつけちゃって、“りだん”はそれがとても気に入ってます。
オサレじゃないです?

<補足> この血統について
海の向こうのジャイアンゲッコーの愛好家に大人気で、海のこっちにまでお鉢が回りません。
使うべき方向性を誤った英語力で、この血脈を所有せし御仁を探しだし、孤軍奮闘の思いで、
このペアを“HUNTER×HUNTER”しましたとさ。 (この最後が書きたくての、補足じゃろ。。。)

midori_2.JPG

しかし、その見た目のかわいらしさを侮ることなかれ!
“悪魔っぷり”は、うちで1位、2位を争います。 爬虫類・猛禽類がお好きな方に
端的な表現としまして、「ピンマL2個ペロリン」だとダントが申しております。
もっと一般向けの表現はないの・・・?

ダントはこの子を素手で触ったことが一度もありません。 そして写真に写るこの手袋、
ただの軍手じゃござーせん。 ダント・セレクトの、耐刃性に優れたグローブだそうです。

midori_3.JPG
確かによく見れば、質感が軍手とは違いますかね。

というのも百均の軍手をはめて触れるやいなや噛みつかれ、たいそう痛い思いをしたそうです。 
今じゃむしろ、そのどう猛さをえらく気に入っており、意気揚々とこのグローブを装着して、
噛まれ続けております。 すでに恐怖心は克服された模様。
(当たり前ですよね、噛まれても安心なプロテクターしてるんですもん・・・)

このパステルカラーのミドリンに納得がいってなかったダント。 入手元に再確認です。 
そこで説明されたのは、両親ともにブラックなのに、何故かこの子はミドリだったそうです。
“黒なのにミドリ”なる所以です。 将来ミドリーニャの御子は、ブラックになる可能性が高いそうです。
 
それを聞くとダントはご満悦の様子で、このユニークなツギオが特別に思え、喜々として
面倒を見ています。。。(心変わりハヤッ)

今回主役の座を譲った♀の方。機を改めてご紹介することにしますけど、ちょびっとな。
makuro_1.JPG

これって“備長炭”!? この娘が大本命の“ブラックデビル”でおま。。。 



ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ランキング参加してます。ポチッとだけおねげします^^;

theme : 爬虫類
genre : ペット

tag : Poindimie ジャイアンゲッコー

わたし達タイプC?

Cmesu_4.JPG

前回、血統についてりだん☆ダント流にまとめましたところ、
お褒めの言葉をいただけました、ありがとうございます!

一通りご説明済みましたから、P(Poindimié)やY(Yaté)と書いても大丈夫ですね。
PxY”や“3/4 PxY”、はたまた“7/8 CxA
なんて数式めいた表現もありかな、と思うダント。

はりきるダントをよそに、“りだん”としましては、のんびりいきたいところです。
お迎えした子たちの写真をアップしつつ、たまにお絵かきして、“のんぐら”気ままに
成長の具合を楽しめたらと思っております。

夢はとにかくでっかくすること、と申しておりますダントですが、
この子たち相当なご長寿アニマルなんで、りだん☆ダントが命尽きる前に、
世界最大のジャイアントゲッコーをしかと見届けることできるんでしょうか!?

前置きが長引きましたが、今回は“Type Cっぽい子”のご紹介です。
種類はグランテラシーメスシーオス と名付けてございます。 
世界最大になるという星の下に生まれ、
何の因果かりだん☆ダントにお迎えされた“希代のツートップ”の“はず”です。

元をたどれば、従姉弟(いとこ)の関係になります、この2匹。
見事、御子の誕生となりますでしょうか? 4年後?? はてさて先の長い話でございます。

レディーファーストで、シーメス 。そのまんま、ずばり ♀ です。
ダーク系のツギオに見慣れております“りだん”には、墓石カラー?な色味が新鮮に思えます。


Cmesu_2.JPG

そして、こちらが シーオス 。はい、♂ ですね。
この子も色味がやはりType Aのツギオとは違います。赤い色味がシーメスに較べて多めです。

Cosu_2

実はシーオスは少し前にご紹介しましたタタッ、タタータタタッタッ♪の子です。 
大脱走」 (2月14日の記事の写真もどうぞご覧下さいませ。)

写真は全て生後3ヶ月程度のときのものですが、ホントにちびっ子!

Cmesuosu_Feb25.jpg

左がシーメス、右がシーオス。(撮影日:Feb 25)
シーメスが2週間だけお姉ちゃまです。 どちらもやや成長遅れ気味。。。
やはりCの血筋はゆっくり育つんかえ!? うーん、どうでしょう? 生命の神秘です。

ツギオは丈夫なヤモリと云われますが、まだちっこいツギオには少々気を遣います。
輸送のストレスで万が一天国へ召されてしまうなら、
お迎えしない方がこの子たちの為なので、どうしたものか真剣に悩みました。

それと、特に生後しばらくはとても神経質だったりします。 
物音や足音に反応して、緊張感をみなぎらせるのが手に取るようにわかります。 
だもんで、ちゃんとごはんを食べているのか気がかりです。

ちびっ子ツギオ達がピクッと反応して食事を中断してしまうと、暗視スコープ片手に
ダントがやってきて、音を立てた犯人“りだん”を糾弾します。あきれるほど過保護なダント
(これって、モンスターペアレントじゃないです!?)

Cmesu_1.JPG

これからは月1回ペースで体重測定をし、ご報告できればと思います。 
大きさはさることながら、どんな色のツギオになるかもお楽しみです。 



ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ランキング参加してます。ポチッとだけおねげします^^;

theme : 爬虫類
genre : ペット

tag : ジャイアントゲッコー シーメス シーオス グランテラ

血統つづき


更新ご無沙汰しておりました、坂本竜馬像と土佐犬の見物で遠征しとった“ぜよ”

kouchi_tosa


さてさて、しばらく前にツギオミカドヤモリ血統について触れました。
血統」 (2月13日記事をご参照下さい。)

・・・が、今回はもう少し切り込んだ内容にしてみたいと思います。 
というのも、「秋田美人」、「かかあ殿下」、「肥後もっこす」の例えが
ピンとこなかったようですので・・・失礼をば。。。

まずは、前回の復習としまして、
● おっきいね、グランテラ
● かーいーね、ヘンケリ
と押さえておきたいところでございます。

地図をペタペタ貼ってみますよ。

newcaledonia_doko

赤で囲ったとこが、ニューカレドニア
天国に一番近いと言われておりますが、本当でしょうか。。。

newcaledonia_grandterra

お迎えしている子たちの出身地に印をつけてみました。
“Vao”と表示の場所がパイン島。 知らなかったんですが、村の名前でした。
この島の周辺に小島が点在してまして、“島もの”ツギオが生息してる模様。

---------------------------------------------

まずは、グランテラ

メインランドの採取された場所(ロケールと呼ばれる)ごとに、命名されていて、
ニューカレドニアはフランス語圏なので、フランス語っぽいネーミングばっかり。
それだけでおしゃれ感たっぷりです。 但し()内のカタカナは、米国調でございます。

全てを網羅してないですが、よく聞くロケールとして、
○Poindimié(ポインディミ)
○Yaté(ヤテ)
○Mt Koghis(マウント コーギー)
○Mt Humboldt(マウント ハンボルト)

別の言い方として、Type A と呼ばれます。

便利な使用法として、上に挙げたグランテラの系統なんですが、
血統的に特定できないようなときも、Type A と言っとけば、お咎めなしです!
両親ともType A の子孫も、もちろんType A になります。

○Riviere Bleue (リヴィエラ ブルー)
名前のおしゃれ番長です。
Type D と分類される、小型のグランテラです。 キレイで明るい色味です。
ジャケ買いならぬ、“名前買い”したいです。

Type C
と申すグランテラがいます。 採取地どこなん?? 古い倒木で見つかったとか。。。 
でっかくなる、ともっぱらの評判でございます。
ポテンシャルを秘めているってことなんでしょう。
生後1年はあまり成長しません。最大サイズになるのは10年超えてからだとか。。。 
(通常は、せいぜい5,6年で成長止まるんですよね。)

採取された親種がワンペアのみなので、純血がほとんど流通していないそうです。
(しかもこの片割れが既に冥界に旅立たれたという、まことしやかな噂さえ。。。)

ロマンじゃございませんか!?
うちでも“Type Cっぽい子”をお迎えしておりますので、また改めてご紹介します。

忘れずに。。。Type B もちゃんとございます。
主に、ヨーロッパで繁殖されたグランテラヘンケリのミックスだそうです。
Type B を確立した血統として繁殖してるブリーダーさんがいると聞いたことあります。
(ハーフ犬的なもんすかね。)

---------------------------------------------

おつぎ、ヘンケリ

メインランド(Grande-Terre)以外の、所謂、“島もの”ですね。
アイランドロケール、と呼んだりします。 よく耳にしますロケールですと、
○Ilse of Pines(パイン
○Bayonnaise(ベイヨネーズ)
○Brosse(ブロース)
○Moro(モロ)
○Nuu Ana(ヌアナ)
○Nuu Ami(ヌアミ)
○Duu Ana(デゥアナ)
○Caanawa(カアナワ)

それぞれ、特徴と言えるかも知れない(?)外見上の違いがありますけど、
ここでは細かくなりますので触れないでおきます。

地図で確認してみると、パイン島以外はホントちっこい陸地なんですよね。
これも島なん?って感じ・・・

実のところ、うちではアイランドものは、あまりお迎えしてございません。
ダントがでっかくなるグランテラに、こだわるものですから・・・

最近になって、ブリーダーさんから、“島もの”だって魅力あるぞっと言われたダント。。。
あっさり心動かされてますから~ ブレブレでございます。

オススメ通りにお迎えしたのが、“Brosse のSnowflake
Brosse_Female
(ス・ノ・ウ・フ・レ・イ・ク♪)

なんだかやっぱり魅力的じゃございません!?



ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ランキング参加してます。ポチッとだけおねげします^^;

theme : 爬虫類
genre : ペット

tag : ツギオミカドヤモリ 血統 グランテラ ヘンケリ ニューカレドニア Koghis パイン Snowflake Yate

一皮むけました


本日ご紹介いたしますのは、“ヒッポ”というヘンケリでございます。
もっと厳粛に申しますと、
Isle of Pines locality Rhacodactylus leachianus henkeli female

去年の6月30日にハッチして生後8ヶ月の女の子。体重50gまで、あともう少し。。。
お迎えしているヘンケリは2匹だけなので、成長が気になります。
パイン島産はデカくなりますが、(ちゃんと育てられたらの話ですけどね)
かなりの色白っ娘なので、ちゃんと大きく育つかどうか。。。

Hippo_1.JPG

昨晩、ヒッポが脱皮しておりました! カメラ、カメラと慌てるダント。

およそ月に1回ペースで脱皮しますので、たびたび皮つきツギオに遭遇します。
部屋が真っ暗な時に限って脱皮してるんですよね。
ダントは、トイザスのおもちゃの、暗視スコープで覗いたりします。

Anshi_scope
(そこそこ、見えますけど、観察してるダントはマヌケに見えますね。)

ヒッポは何故か、部屋が明るくてもお構いなし。
あっという間に、ほとんど脱皮を終えてしまったのですが、いちおう撮れました(嬉)
臆することなく、バリバリと皮に噛みついて、引き千切って召し上がります。
こんな感じです。

Hippo_2.jpg

分かります? 顔をアップにしてみましょうか。

Hippo_3.jpg

全身を覆う量の皮なので、人間に例えるならば、スゴい量じゃありません!?
水分とらずに良く食べれますよね、“りだん”には無理そう・・・のどに詰まってまう。

少し食べてはしばし休憩そして舌なめずりを繰り返します。

Hippo_4.jpg

口を大きく開けまして、本気モードでございます。
グランテラよりも、総じてヘンケリは穏やかなので、
こんな表情はなかなか見せてくれません。

Hippo_5.JPG

立つ鳥跡を濁さず!! ツギオですが・・・
皮もまた栄養になるに違いません。
これってエコじゃないですか、エコ! 
まさしく、自分の古い皮、モッタイナイ、ですね。

Hippo_6.JPG

気づいてるんでしょうか?「まだ終わってませんことよ! その左脚・・・」



↑ランキング参加してます。ポチッとだけおねげします^^;

theme : 爬虫類
genre : ペット

tag : leachianus ヒッポ ヘンケリ パイン

プロフィール

りだん★ダント

Author:りだん★ダント

お連れ様がお気に入りの
ヤモリを大人飼いしております

悩ましくも、微笑ましい
そんな日常を綴ります

   R&D セレクト
ジャイアントゲッコー専門
  (ショッピングカート)

ショッピングカート
http://rdselect.cart.fc2.com



 ツギオミカドヤモリ 専門
   (ホームページ)

R&Dセレクト
http://www.ab.auone-net.jp/~leachies



Profile <(._.)>

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング参加中 (*´ω`*)ノ
にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

にほんブログ村 鳥ブログ オウムへ

↑ ポチッ とご賛同 おねがいします^^



おすすめされました(*´∀`*)
FC2おすすめブログ
記事 カテゴリー
まとめてみました (・ω<)
記事 カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
タグ - tag - 検索
 
ブログ内検索
FC2カウンター
新着記事の一覧
Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。